ホームへ 株式会社レンズ設計支援
レンズ設計支援へようこそ
ホーム > セミナー開催実績・概要・カリキュラム一覧 > 光学セミナー開催履歴

レンズ設計の基礎と実践講座
〜光学設計の基礎知識とハンドリングによる収差補正の実演で実務に活かそう〜


レンズ設計の基礎とズームレンズ設計の実践講座
〜レンズ設計の基礎とズームレンズの設計を事例から実演を交えて解説する〜

【 講座のポイント 】

●レンズ設計の基礎と実践講座
 レンズについて収差やMTFの基礎的なことから学び、レンズデータ、焦点距離、光路図、収差図など、光学設計のポイント、非球面を含むズームレンズを例に偏芯感度と、レンズ設計の基礎をご説明します。
また、ハンドリングによる収差補正とMTF評価判断の実演で、光学設計実務に活かせるように解説します。
 
 ・前半は、基礎をセミナー形式で講義を行います。
   10:00〜12:00(2時間) レンズ設計の基礎講座

 ・後半は、事例から実際にハンドリングによる実演形式の講義を行います。
   13:00〜15:30(2時間30分) レンズ設計の実際のテキストを使っての実演講座
   投射レンズ(球面固定焦点)の例・CCTV用レンズ(非球面を含むズーム)の例

 ・質疑応答は、講義の中でその都度行います。


●レンズ設計の基礎とズームレンズ設計の実践講座
 レンズについて収差やMTFの基礎やレンズ設計手順を学び、CCTV用、HDC用、DSC用ズームレンズの設計事例について、実演による設計手法と評価を御紹介します。
また、レンズ開発に起こるトラブル;ゴースト・フレーアや非球面形状評価などについて解析的な評価方法をご説明します。

【習得できる知識】

●レンズ設計の基礎と実践講座
 レンズの光学設計で必要な基礎知識の修得と、光学設計実務で必要な収差補正やMTF評価判断の習得。

●レンズ設計の基礎とズームレンズ設計の実践講座
 レンズの光学設計で必要な基礎知識と、ズームレンズの開発動向に沿った光学設計手順、HDC用、DSC用レンズの設計。レンズ開発生産で問題になるレンズ敏感度、ゴースト・フレーアの対策、非球面形状評価。

【受講対象】

 現在レンズ開発を行っている方、これから光学設計を始めようとする方。
 光学系の特性を知りたい方。
 現在レンズ開発、光学に関係した研究、解析、評価に携わっておられる方。これから光学設計を志す方。 レンズ設計は専門ではないがその概要を習得したい方。

●レンズ設計の基礎と実践講座 【 セミナー講演項目 】

1. レンズ設計の基礎(講義)
 1 - 1. 像質
 1 - 2. 光の屈曲
 1 - 3. 球面収差
 1 - 4. コマ収差
 1 - 5. 横収差の表し方
 1 - 6. 非点収差
 1 - 7. 像面湾曲
 1 - 8. 歪曲収差
 1 - 9. TV表示歪曲度
 1 - 10. 軸上色収差(縦の色収差)
 1 - 11. 倍率色収差(横の色収差)
 1 - 12. スポットダイアグラム
 1 - 13. 開口絞りと瞳
 1 - 14. 構成の進展
 1 - 15. 構成の進展(続)
 1 - 16. 光学ガラス地図とガラス選択
 1 - 17. 幾何光学的MTF
 1 - 18. MTF特性の表現形式
 1 - 19. レンズの最小錯乱円と解像
 1 - 20. レンズの理想MTFと実測MTF
 1 - 21. 投影解像度検査
 1 - 22. 射影方式
 1 - 23. 光学設計フロー

2. 光学設計資料の見方(講義)
〜投射レンズ(球面系固定焦点)の例
 2 - 1. 光学仕様
 2 - 2. レンズデータ
 2 - 3. 光路図
 2 - 4. 縦収差図
 2 - 5. 横収差図
 2 - 6. MTF図(デフォーカス特性)
 2 - 7. 周辺光量比

3. レンズの偏芯感度(講義)
 3 - 1. 薄肉単レンズ結像式
 3 - 2. 多数の薄肉単レンズ追跡式
 3 - 3. 近軸偏芯感度
 3 - 4. ズームレンズ光学仕様
 3 - 5. レンズ構成データ
 3 - 6. ズーム/フォーカス方式
〜CCTV用レンズ(非球面を含むズーム系)の例
 3 - 7. レンズ群ディセンター感度
 3 - 8. レンズ群ティルト感度
 3 - 9. レンズ群シフト感度
4. 3次収差係数による収差補正(実演による講義)
 4 - 1. 単レンズの近軸諸値
 4 - 2. 波面収差と3次収差係数
 4 - 3. 薄肉単レンズ3次収差係数
 4 - 4. アプラナティックレンズ
 4 - 5. 無収差レンズ(2次曲面)
 4 - 6. 非球面のテイラー級数展開
 4 - 7. 薄肉単レンズの近軸追跡による光路

〜投射レンズ(球面系固定焦点)の例
 4 - 8. 軸上色収差(L)
 4 - 9. 倍率色収差(T)
 4 - 10. 球面収差(SA)
 4 - 11. コマ収差(CM)
 4 - 12. 非点収差(AS)
 4 - 13. サジタル像面湾曲(CV)
 4 - 14. 歪曲収差(DT)
 4 - 15. 薄肉単レンズの近軸追跡による光路
〜CCTV用レンズ(非球面を含むズーム系)の例
 4 - 16. 広角端;コマ収差
 4 - 17. 中間位置;球面収差
 4 - 18. 中間位置;非点収差
 4 - 19. 望遠端;軸上色収差

5. 光線収差の最適化(実演による講義)
 5 - 1. D.L.S.法
〜CCTV用レンズ(非球面を含むズーム系)の例
 5 - 2. 近軸制御
 5 - 3. 変数選択
 5 - 4. 目標と結果(広角端:縦収差)
 5 - 5. 目標と結果(広角端:横収差)
 5 - 6. 目標と結果(中間位置:縦収差)
 5 - 7. 目標と結果(中間位置:横収差)
 5 - 8. 目標と結果(望遠端:縦収差)
 5 - 9. 目標と結果(望遠端:横収差)

6. 光線収差とMTF評価(実演による講義)
 6 - 1. 最良像面位置
 6 - 2. レンズ系のレスポンス関数
 6 - 3. コマ収差による劣化(広角端)
 6 - 4. 球面収差による劣化(中間位置)
 6 - 5. 非点収差による劣化(中間位置)
 6 - 6. 軸上色収差による劣化(望遠端)

●レンズ設計の基礎とズームレンズ

1. レンズ設計の基礎(講義)
1 - 1. 像質
1 - 2. 光の屈曲
1 - 3. 球面収差
1 - 4. コマ収差
1 - 5. 横収差の表し方
1 - 6. 非点収差
1 - 7. 像面湾曲
1 - 8. 歪曲収差
1 - 9. TV表示歪曲度
1 - 10. 軸上色収差(縦の色収差)
1 - 11. 倍率色収差(横の色収差)
1 - 12. スポットダイアグラム
1 - 13. 開口絞りと瞳
1 - 14. 構成の進展
1 - 15. 構成の進展(続)
1 - 16. 光学ガラス地図とガラス選択

2. 設計手順(講義)
2 - 1. 単レンズの近軸諸値
2 - 2. 薄肉単レンズ結像式
2 - 3. レンズ群の薄肉単レンズへの変換
2 - 4. 多数の薄肉単レンズ追跡式
2 - 5. 近軸偏芯感度
2 - 6. 波面収差と3次収差係数
2 - 7. 薄肉単レンズ3次収差係数
2 - 8. スキュー光線追跡
2 - 9. 光線と曲面の交点
2 - 10. 非点収差追跡
2 - 11. 非点収差追跡(続)
2 - 12. D.L.S.法
2 - 13. 最良像面位置
2 - 14. レスポンス関数
2 - 15. 幾何光学的MTF
2 - 16. MTF特性の表現形式
2 - 17. レンズの最小錯乱円と解像
2 - 18. レンズの理想MTFと実測MTF
2 - 19. 投影解像度検査
2 - 20. 射影方式
2 - 21. 光学設計フロー
3. 3次収差、光線収差、MTF評価(実演による講義)
3 - 1. CCTV用標準ズームレンズ
 3-1-1. 12倍ズームレンズ光学仕様
 3-1-2. ズーム/フォーカス移動
 3-1-3. レンズ群のディセンター感度
 3-1-3. レンズ群のティルト感度
 3-1-3. レンズ群のシフト感度
 3-1-4. 3次収差感度T(広角端)
 3-1-4. 3次収差感度U(中間位置)
 3-1-4. 3次収差感度V(望遠端)
3 - 2. HDC用高倍ズームレンズ
 3-2-1. HDC用15倍ズームレンズ光学仕様
 3-2-2. ズーム/フォーカス移動
 3-2-3. レンズ群ディセンター感度
 3-2-4. 縦収差図(Wide,Nomal,Tele)
 3-2-5. 横収差図(Wide,Nomal,Tele)
 3-2-6.MTF図(Wide端)
 3-2-7. MTF図(Nomal端)
 3-2-8. MTF図(Tele端)
 3-2-9. OIS仕様
3 - 3. DSC用屈折ズームレンズ
 3-3-1. 絞り固定6倍ズームレンズ光学仕様
 3-3-2. ズーム/フォーカス移動
3 - 4. DSC用多群広角高倍ズーム
 3-4-1. 有限系広角ズームレンズ光学仕様
 3-4-2. ズーム/フォーカス移動
 3-4-3. 沈胴式高倍ズームレンズ光学仕様
 3-4-4. ズーム/フォーカス移動

4. ゴースト・フレーア(講義)
 4-1-1. 近軸追跡によるフレーア照度
 4-1-2. 近軸追跡によるフレーア照度(続)
4 - 2. 光束密度追跡式
4 - 3. カバーガラス反射ゴースト
4 - 4. Ringゴースト
4 - 5. 接合面反射ゴースト
4 - 6. その他のゴースト・フレーア

5. 非球面形状評価(講義)
5 - 1. 非球面誤差FIg,Accと形状収縮
5 - 2. 非球面形状評価T
5 - 3. 非球面形状評価U

6. レンズ玉図面化(講義)
6 - 1. 球面、非球面レンズ玉図面例
6 - 2. プラスチックレンズ図面例